e-book

ホーム > ソリューション案内 > e-book

e-book

紙製の冊子や書籍のデジタルデータを、パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読める形式に変換したもの。デジタルデータの特長を活かして、もくじ、BOOK内リンク、外部リンクを設定することで、紙の冊子にはない特徴を付加することができるもの。

当社では、紙で発行されているカタログ、パンフレット、書籍をデジタル化して、パソコンや携帯端末で閲覧するためのe-book(電子化された冊子・書籍)の制作事業をおこなっています。

当社がe-bookを制作する理由とは

  • 企業がコストと情熱を傾けて制作されたパンフレットが、配布した一部の人にしか閲覧されないという限界を超えて、効果的な情報発信のお手伝いがしたい。
  • 印刷コストが見合わず販売が打ち切られた書籍を、電子書籍という形式でこの世に復活させたい。
  • 日本で出版された優れた書籍を、海外の電子書籍ストアで販売するためのお手伝いをすることで、日本文化の発信力に貢献したい。

デジタルブックと電子書籍のちがいとは?

この分野では、提供企業や個人により様々な用語が使われており、用語に関する厳密な定義が確立されていません。そこで、当社では、以下の基準で使い分けをしております。

  デジタルブック 電子書籍
英語表記 Flip Book
(フリップブック=めくる本)
e-book
対象 企業や自治体が発行する冊子 小説、雑誌、漫画などの読み物
ファイル形式 デジタルブック生成ソフトウェアによる独自ファイル EPUB3等
利用シーン 無料の情報公開が目的となるもの kindleなどの電子書籍サイトで販売されるもの
その他の呼び方 電子ブック、電子カタログ、WEBカタログ、電子カタログ、デジタルカタログ 電子ブック、電子出版、デジタルブック

デジタルブックまたは電子書籍のその他の呼び方が、両方で使われることもあり、理解しにくくなっています。
当社では、これらの媒体を「有料閲覧か有料閲覧か」の課金の有無で呼び方を定義しています。

このような違いがあります!

  • デジタルブック
    冊子を電子化して、課金なしでWEBサイトで掲載・閲覧できる冊子
  • 電子書籍
    書籍を電子化して、電子書籍ストアで販売される冊子

デジタルブックと電子書籍の共通の特長

  • PDFからの変換が主流
    InDesign(インデザイン)やillustrator(イラストレーター)で制作された画像データはPDFに変換できます。このPDFを変換して制作されます。PDFは汎用性が高く多くのパソコンで閲覧が可能です。このPDFを当社に入稿いただければ、デジタルブックや電子書籍の制作を致します。
  • 読みやすく加工ができる
    もくじ・BOOK内リンク・外部リンクの設定を適切に行う事で、紙の冊子には無い、マルチメディアとしての利点を活かせます。
    当社には、「動線づくり」のノウハウがありますので、読まれるe-bookを提案します。
  • パソコン、タブレット端末、スマートフォンでの閲覧が可能
    デジタルブックは、通信環境であれば、スマートフォンアプリなしで閲覧ができ、さらには、CD-ROMにデータを保存して配布し、パソコンで再生することが可能です。
    電子書籍(Kindleで購入したもの)は、専用アプリをパソコン、タブレット端末、スマートフォンにインストールすれば閲覧ができます